スキマ送りにされた遊戯王小説 第34話「動き出す陰と対峙する陽」

スキマ送りにされた遊戯王小説 第34話「動き出す陰と対峙する陽」

ここでは、「スキマ送りにされた遊戯王小説 第34話「動き出す陰と対峙する陽」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップスキマ送りにされた遊戯王小説>第34話「動き出す陰と対峙する陽」

~注意事項~

1.遊戯王2次創作小説

2.ご都合主義ばっか

3.オリカ出てくるよ

4.素人レベル

5.誤字脱字

以上のことを守れる心の寛大な方だけご覧くだされ。

詩織   LP: 300 手札2枚
フィールド:『氷結界の龍 トリシューラ』攻撃表示
       伏せカード1枚


マッチョ LP: 800 手札4枚
フィールド:なし


 氷結界の龍 トリシューラ
シンクロ・効果モンスター
星9/水属性/ドラゴン族/攻2700/守2000
チューナー+チューナー以外のモンスター2体以上
このカードがシンクロ召喚に成功した時、
相手の手札・フィールド上・墓地のカードを
それぞれ1枚までゲームから除外する事ができる。


マッチョ「私は手札からフィールド魔法『歯車街』を発動します」


詩織  「フィールド魔法!?」


 歯車街(ギア・タウン)
フィールド魔法
???


マッチョ「このフィールド魔法の効果は、アンティークと名の付くモンスターを通常召喚する際に必要なリリースの数を1体少なくすることができます」


詩織  (厄介な効果を持っているね……でも、先生の場にはモンスターはいない。レベル5、6のモンスターだけじゃ私の『氷結界の龍 トリシューラ』は倒せないよ)


マッチョ「今、レベル5、6のモンスターを召喚することを前提に考えてましたね?」


詩織  「ギクッ!?」


マッチョ「確かにその通りです。私のデッキには、レベル5,6で攻撃力が2700を超えるモンスターはいません。
     ですが、それはレベル5,6だからです。誰もレベル5,6を出すとは言っていません」


詩織  「じゃあどうすると……?」


マッチョ「こうするのです。魔法カード『大嵐』を発動します」


詩織  「えっ?」


マッチョ「貴女の場にある伏せカードを破壊します」


詩織  「くっ……」


破壊:『奈落の落とし穴』


 大嵐
通常魔法
フィールド上に存在する魔法・罠カードを全て破壊する。


 奈落の落とし穴
通常罠
相手が攻撃力1500以上のモンスターを
召喚・反転召喚・特殊召喚した時に発動する事ができる。
そのモンスターを破壊しゲームから除外する。


詩織  「わざわざ自分で出した『歯車街』を破壊した……?
      ということは、破壊されることでなんらかの効果が発動するフィールド魔法!?」


マッチョ「その通りです。『歯車街』は破壊され墓地へ送られた時、自分の手札・デッキ・墓地からアンティーク・ギアと名の付いたモンスター1体を特殊召喚することができるのです。私はこの効果で、デッキから『古代の機械巨竜』を攻撃表示で特殊召喚します」


 歯車街(ギア・タウン)
フィールド魔法
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスターを召喚する場合に
必要なリリースを1体少なくする事ができる。
このカードが破壊され墓地に送られた時、自分の手札・デッキ・墓地から
「アンティーク・ギア」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。
 
 古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守2000
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
以下のモンスターを生け贄にして生け贄召喚した場合、
このカードはそれぞれの効果を得る。
●グリーン・ガジェット:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
●レッド・ガジェット:相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
相手ライフに400ポイントダメージを与える。
●イエロー・ガジェット:戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。


詩織  「攻撃力3000のモンスター!?」


マッチョ「言ったはずです。『氷結界の龍 トリシューラ』は確かに強力な効果の持ち主です。
      ですが、攻撃力が致命的に低すぎると……」


マッチョ「バトルです! 『古代の機械巨竜』で『氷結界の龍 トリシューラ』を攻撃します」


「――アンティーク・ギアブレス――」


詩織  「っ……!? 墓地の『氷結界の妖精エレイン』をゲームから除外して『氷結界の妖精エレイン』の効果発動!」


詩織  「氷結界と名の付くモンスターが攻撃対象に選択されたとき、墓地のこのカードをゲームから除外することで、その攻撃を無効にするよ!」


マッチョ「…………」


 氷結界の妖精エレイン
効果モンスター
星1/水属性/天使族/攻 0/守 0
墓地に存在するこのカードをゲームから除外することで、
1度だけ「氷結界」と名のつくモンスターに対する攻撃を無効にする。


マッチョ「もう私にできることはありません。ターンエンドです」


詩織  「じゃあ私のターン、ドロー!」


詩織  「決めさせてもらうよ! 魔法カード『シンクロキャンセル』発動!」


マッチョ「!? なるほど……流石はプロですね」


 シンクロキャンセル
通常魔法
フィールド上に表側表示で存在するシンクロモンスター1体をエクストラデッキに戻す。
さらに、エクストラデッキに戻したこのモンスターのシンクロ召喚に使用した
モンスター一組が自分の墓地に揃っていれば、
この一組を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。


詩織「『氷結界の龍 トリシューラ』をエクストラデッキに戻して、墓地よりシンクロ素材であった『氷結界の暗殺者』、『氷結界の封魔団』、『氷結界の修験者』を守備表示で特殊召喚するよ!」


 氷結界の暗殺者
チューナー(効果モンスター)
星1/水属性/戦士族/攻 500/守 700
表側表示のこのカードを戦闘で破壊したモンスターを破壊する。


 氷結界の封魔団
効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1200/守2000
手札から「氷結界」と名のついた
モンスター1体を墓地へ送って発動する。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
次の自分のターンのエンドフェイズ時まで
お互いに魔法カードを発動する事はできない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


 氷結界の修験者
効果モンスター
星4/水属性/戦士族/攻1500/守1000
このカードは攻撃力1900以上のモンスターとの戦闘では破壊されない。


詩織「そして、再度シンクロ! 『氷結界の龍 トリシューラ』をシンクロ召喚!」


詩織「『氷結界の龍 トリシューラ』の効果で、先生の手札1枚と墓地の『古代の機械騎士』とフィールドの『古代の機械巨竜』をゲームから除外するよ!」


除外したカード:(手札)『王家の神殿』
          (墓地)『古代の機械騎士』
          (場) 『古代の機械巨竜』


 王家の神殿
永続魔法
このカードのコントローラーは、罠カードをセットしたターンでも発動できる。
また、自分のフィールド上のこのカードと「聖獣セルケト」を墓地へ送る事で、
手札・デッキ・融合デッキからモンスターカードを1枚選択し、特殊召喚できる。


 古代の機械騎士(アンティーク・ギアナイト)
デュアルモンスター
星4/地属性/機械族/攻1800/守 500
このカードは墓地またはフィールド上に表側表示で存在する場合、
通常モンスターとして扱う。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードを通常召喚扱いとして再度召喚する事で、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。


詩織「これでトドメよ! 『氷結界の龍 トリシューラ』で、先生にダイレクトアタック!」


「――アイス・バーン――」


マッチョ「がはっ……!?」


マッチョ LP: 800→ 0


マッチョ「はぁ……はぁ……さすがプロを名乗っているだけはありましたね」


詩織  「これで指導はなしですよね?」


マッチョ「ええ。約束でしたから」


マッチョ「では、もう遅い時間帯です。早く寮に帰ってください」


詩織  「分かりました」


特待生寮のデュエル場を後にするとき、微かに物音が聞こえた気がした。


詩織  「?」


マッチョ「ん? 詩織さん。忘れ物ですか?」


詩織  「いえ、なんでもありません」


マッチョ「そうですか……」


詩織(さっきから誰かに見られてる気がしたんだけど……気のせいかな?)


詩織  「そういえば、なんで先生はこんなところに1人でいたんですか?」


マッチョ「私たち指導室は外出禁止時間に生徒がうろつかないように見回りしているのですよ。
      私は、そのついでにこの寮で起こった事件についても調べていたもので……」


詩織  「そうだったんですか……」


詩織たちが立ち去った後、物陰からあるひとりの男が出てきた。
歳は30代後半と見ていいだろうか、ウエスタン風の服装に立派なあごひげと茶髪のワイルドショートが特徴の男であった。


??「さすがは滝川詩織だな……勘が鋭い女は嫌われるぜ?」


そうつぶやいた直後、男のジーンズのポケットに入っている携帯電話の着信音が部屋全体に鳴り響いた。
男はだるそうに、ポケットから携帯を取り出した。
画面には、「霧崎達也」という人物の名が表示されていた。


??「またあのお坊ちゃんか……たくっ、定時連絡を忘れたくらいでいちいち連絡してくんなよな……全く」


??「もしもし……」


達也「定時連絡はどうした? 黒山」


黒山「いや、それが、ちょっとしたアクシデントに見舞われえてしまいまして……」


達也「言い訳は聞く気ねぇぞ。お前は、余計なことをせずに自分の任務だけに集中していればいいんだ」


黒山「いえ、任務が『立風八雲』と『白河奈菜香』の監視だけじゃ暇すぎて暇すぎて……」


達也「いいからお前は余計なことをせずに監視だけに努めろ。命令だ。分かったな?」


黒山「……へいへい」


黒山「ったく、お坊ちゃんはあれだから困る。やるなとか言われたら余計ちょっかいを出したくなるだろうが」


黒山は携帯をジーンズのポケットにしまった後、煙草を取り出し、口に咥えてた。

ジッポで煙草の先端に火をつけ、思いっきり吸って吐く。


黒山「ふぅ……。『白河奈菜香』、確か組織の幹部の一人娘だったな。
    写真で見る限りじゃなかなかの美少女だし、俺が手を出しても問題ないよな?」


そうつぶやき、煙草を咥えたまま、暗闇へと歩いていった。


              To be continued...




さて、新キャラ二人出てきたぜ(・∀・)


黒山(くろやま)


日本政府特殊工作員通称『ウルフ・ファング』のメンバーの一人。


この人、次の話で本格的に動きだすぜ!



霧崎達也(きりさき たつや)


日本政府特殊工作員通称『ウルフ・ファング』のメンバーの一人であり、リーダー。





次の話からウルフ・ファング 強襲編へと入っていくぜ。


第2話あたりでこっそりと出したフラグが今役に立つぜ。


長かった……orz







暇人が綴るその人生


 古代の機械巨竜(アンティーク・ギアガジェルドラゴン)
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻3000/守2000
このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
以下のモンスターを生け贄にして生け贄召喚した場合、
このカードはそれぞれの効果を得る。
●グリーン・ガジェット:このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
このカードの攻撃力が守備表示モンスターの守備力を超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
●レッド・ガジェット:相手プレイヤーに戦闘ダメージを与えた時、
相手ライフに400ポイントダメージを与える。
●イエロー・ガジェット:戦闘によって相手モンスターを破壊した場合、
相手ライフに600ポイントダメージを与える。



歯車街から呼び出せるモンスターの中で最高の攻撃力をもつモンスター。


歯車街のせいで光を浴びることになった(ry


スポンサーサイト
この記事へのコメント
あれ?ウルフファングの事グールズだと思ってたwww
2010/08/20(金) 20:12 | URL | 八神 シオン #79D/WHSg[ 編集]
>八神 シオンさん

グルーズにしちまうとそっち主役の話が書けなくなるじゃない(ry
2010/08/20(金) 20:13 | URL | ゼロ@東京都青少年健全育成条例改正?案反対だぜ! #79D/WHSg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cerberus2361.blog65.fc2.com/tb.php/127-43a52e17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。