スキマ送りにされた遊戯王小説 第35話「迫り来る魔の手 VS黒山」

スキマ送りにされた遊戯王小説 第35話「迫り来る魔の手 VS黒山」

ここでは、「スキマ送りにされた遊戯王小説 第35話「迫り来る魔の手 VS黒山」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップスキマ送りにされた遊戯王小説>第35話「迫り来る魔の手 VS黒山」

~注意事項~

1.遊戯王2次創作小説

2.ご都合主義ばっか

3.オリカ出てくるよ

4.素人レベル

5.誤字脱字

以上のことを守れる心の寛大な方だけご覧くだされ。



――食堂にて


詩織はいつもどおり八雲たちと昼食を食べていた。


詩織「う~ん、やっぱりここのハンバーグランチはおいしいね!」


詩織が選んだメニューは『ハンバーグランチ』。
その名の通り、ハンバーグステーキにチーズがトッピングしており、さらにサラダとデザートのアイスクリームがついたメニューである。


奈菜香「こっちのサイコロステーキランチもおいしいよ?」


奈菜香が選んだメニューは『サイコロステーキランチ』
鉄板で焼いたサイコロステーキと、サラダにデザートのアイスクイリームがついたメニューである。


ちなみに、どちらのメニューもご飯かパンを選ぶことができる。


詩織 「そういえばさ、奈菜香」


奈菜香「何?」


詩織 「最近、不審者がいるって情報が入ったよ。奈菜香も女の子だし、気をつけたほうがいいよ」


奈菜香「そうだね。分かったよ。わざわざありがとね。詩織」


奈菜香が私の頭を撫でてくれる。
それだけで、私は嬉しかった。


ただ、その話を聞いた後、奈菜香の様子が少しおかしかった。
なにやらそわそわとしていて、授業もまともに聞いていなかった。


何か嫌な予感がする。

私はそう感じ始めていた。







――その日の深夜、オベリスク・ブルー女子寮にて


すでに消灯時間が過ぎてから、軽く2時間以上が経過していた。
皆が寝静まっているなか、一人だけ起床し、出かける仕度を整えている者がいた。


奈菜香(ごめんね、詩織。詩織まで巻き込むわけにはいかないの)


リュックにDDとデッキを詰め込んで、制服を着る。
部屋を出る前に、ほんの一瞬だけ詩織の顔を見て、走り去っていった。


詩織「う……ん……。奈菜……香?」


ドアを閉める前に、詩織がそう呟いたかのように聞こえた。





――深夜、特待生寮にて


奈菜香は今は廃墟と化した特待生寮の前までやってきていた。
目的はもちろん、自分の過去の罪に決着をつけるためである。


奈菜香「いるのは分かってるわ! 姿を現したらどう?」


そう叫ぶと、特待生寮の中から、一人の男が姿を現した。
歳は30代後半と見ていいだろうか、ウエスタン風の服装に立派なあごひげと茶髪のワイルドショートが特徴の男であった。
その男は、奈菜香の姿を見ると同時に、紳士らしく丁寧な挨拶を交わした。


黒山 「おや、白河家のお嬢様ではありませんか。どうしたんです、こんな時間にこんな場所まで」


奈菜香「私を知っているということは、貴方は組織の人間で間違いないわね?」


黒山 「ええ。貴方様のご想像の通り、私はウルフ・ファングの監視役を担当しております黒山と申します」


奈菜香「知ってるわ。組織のネットワークにハッキングして調べたからね」


黒山 「ほぅ」


黒山は少し驚いた顔をした。
奈菜香はこのまま話を続けた。


奈菜香「組織から抜け出した私たちを連れ戻したいんでしょ? そして、そのための作戦の決行日が今日」


黒山 「そこまで知ってるのかよ。さすがは幹部の一人娘だな。少々侮っていたようだな」


黒山は先ほどまでの紳士的な態度を改め、ジーンズのポケットから愛用のタバコを取り出し、口に咥えた。
その一連の行動に、奈菜香は少し微笑んだ。


奈菜香「やっと本性を出したようね。じゃあやることといったらひとつでしょ?」


黒山 「そうだな。元々俺の姿を見られた時点でこうするつもりだったんだしな」


お互いにDDを腕に装着し、睨み合う。


黒山「じゃあ始めさせてもらうぜ?」


黒山がその言葉を発したと同時に、黒山の装着しているDDから先の尖ったワイヤーのようなものが飛び出し、奈菜香のDDに喰い込んだ。


奈菜香「!?」


黒山 「元ウルフ・ファングのメンバーだったんなら知ってるよな? 俺たちのやり方が」


奈菜香「ええ。痛いほどよく分かるわ」


対プレイヤー用アタックワイヤー、通称『DG』。
照準を合わしたDDに喰い込み、デュエルを強制させるウェポンシステムのひとつ。
使用されている間、ライフが減る度に減ったデュエリストにDDを介して電流を流す。
ライフが0になる頃には、気絶してしまうほどの電流が流れる仕掛けになっている。
この武器は、対戦相手の戦意喪失と捕獲が目的となっている。
そして、この武器が装備されているDDを使用しているのは、ウルフ・ファングを中心とした武装組織である。
現在は、このシステムの応用したものが市場に流通されていて、警察の特殊戦術部隊にも転用されている。


黒山 「早速始めるとするか!」


二人「「デュエル!!」」



奈菜香 LP:4000
黒山 LP:4000(先攻)




                 To be continued...


スポンサーサイト
この記事へのコメント
ウィンはお前のモンでいいよ
俺の嫁はエリアルたんだ
2010/08/23(月) 17:27 | URL | tukasa(30日夜オール←これは絶対オールする) #79D/WHSg[ 編集]
>tukasa(30日夜オール←これは絶対オールする)さん


なん・・・だと?俺もエリアが(ry


いやーまったく想像できないなー(棒読み)

つハードル上げ
2010/08/23(月) 17:58 | URL | 八神 シオン #79D/WHSg[ 編集]
>tukasa(30日夜オール←これは絶対オールする)さん

じゃあ貰っていくぜ(ry
2010/08/23(月) 21:39 | URL | ゼロ@東京都青少年健全育成条例改正?案反対だぜ! #79D/WHSg[ 編集]
>八神 シオンさん

グルっぽで色々と書いたのは秘密
2010/08/23(月) 21:40 | URL | ゼロ@東京都青少年健全育成条例改正?案反対だぜ! #79D/WHSg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cerberus2361.blog65.fc2.com/tb.php/129-419c4290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。