第9話「氷の結界に佇む城」

第9話「氷の結界に佇む城」

ここでは、「第9話「氷の結界に佇む城」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップスキマ送りにされた遊戯王小説>第9話「氷の結界に佇む城」

~注意事項~

1.遊戯王2次創作小説

2.ご都合主義ばっか

3.オリカ出てくるよ

4.素人レベル

5.誤字脱字

以上のことを守れる心の寛大な方だけご覧くだされ。

奈菜香 LP:3800 手札0枚
フィールド:『堕天使ディザイア』攻撃表示(効果1回使用済み)
      『神の居城-ヴァルハラ』
      『堕天使の裁き』
      伏せカード1枚


詩織  LP:4000 手札3枚
フィールド:『氷結界の交霊師』攻撃表示


 堕天使ディザイア
効果モンスター
星10/闇属性/天使族/攻3000/守2800
このカードは特殊召喚できない。
このカードは天使族モンスター1体を
リリースしてアドバンス召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分のメインフェイズ時に
このカードの攻撃力を1000ポイントダウンし、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を墓地へ送る事ができる。


 神の居城-ヴァルハラ
永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


 堕天使の裁き
永続罠
「堕天使」と名の付くモンスターが召喚される度に、このカードに堕天使カウンターを1つおく。


 氷結界の交霊師
効果モンスター
星7/水属性/魔法使い族/攻2200/守1600
相手フィールド上に存在するカードが、
自分フィールド上に存在するカードの枚数より4枚以上多い場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手プレイヤーは1ターンに1度しか魔法・罠カードを発動する事ができない。



八雲「奈菜香、押され始めたな……」


伊織「お前の眼にもそう見えるのか?」


八雲「ああ。どうにも攻め手がないみたいだな」


伊織「……まぁあんだけばんばんと上級モンスターを召喚してたらそりゃ尽きるよな」


八雲「……まぁな」



詩織 「んじゃ私のターン、ドロー!」


詩織 「私はフィールド魔法『氷結界の居城-アイス・フォート』を発動!」


奈菜香「フィールド魔法!?」


その瞬間、詩織のフィールドから巨大な氷の城が出現した。
そして、詩織のフィールドを中心に辺り一面をアイスリングみたく凍らせてしまった。
奈菜香のフィールドにある神の居城ヴァルハラと対をなす存在。その二つの存在は観戦客たちのテンションをおおいに盛り上げる演出としては十分過ぎるほどであった。


 氷結界の居城-アイス・フォート
フィールド魔法
???


詩織 「このフィールド魔法は『氷結界』たちの攻撃力と守備力を300ポイントアップさせる。
    よって、『氷結界の交霊師』の攻撃力は2500」


 氷結界の居城-アイス・フォート
フィールド魔法
フィールド上に存在する「氷結界」と名の付くモンスターの攻守を300ポイントアップさせる。


氷結界の交霊師 攻2200→2500


詩織 「そして、手札から魔法カード『ワン・フォー・ワン』を発動!」


詩織 「手札のモンスターを1体墓地へ送り、手札またはデッキからレベル1のモンスターを特殊召喚するよ」


 ワン・フォー・ワン
通常魔法
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。
手札またはデッキからレベル1モンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する。


詩織 「手札の『氷結界の水影』を墓地へ送り、この効果で、デッキから『氷結界の番人ブリズド』を特殊召喚!」


 氷結界の水影
チューナー(効果モンスター)
星2/水属性/水族/攻1200/守 800
自分フィールド上に表側表示で存在するモンスターが
レベル2以下のモンスターのみの場合、
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。


 氷結界の番人ブリズド
効果モンスター
星1/水属性/水族/攻 300/守 500
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。


氷結界の番人ブリズド 攻 300→ 600


詩織 「そして私は『氷結界の破術師』を召喚」


 氷結界の破術師
効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 400/守1000
???


氷結界の破術師 攻 400→ 700


奈菜香「モンスター出しすぎ」


詩織 「白河さんに言われたくないなー。で、このモンスターは自分フィールド上に他の氷結界がいるとき、お互いに魔法カードはセットしてからでないと発動できずに、またセットした魔法は次の自分のターンが来るまで発動できないよ」


奈菜香「なにそれずるい」


 氷結界の破術師
効果モンスター
星3/水属性/魔法使い族/攻 400/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の「氷結界」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、
セットしたプレイヤーから見て次の自分のターンが来るまで発動する事はできない。


詩織 「バトル! 『氷結界の交霊師』で『堕天使ディザイア』を攻撃!」


「――アイス・マジック――」


氷結界の交霊師 攻2500 VS 堕天使ディザイア 攻2000


奈菜香:LP3800→3300


奈菜香「んっ……」


詩織 「そして『氷結界の番人ブリズド』と『氷結界の破術師』で白河さんにダイレクトアタック!」

奈菜香「ぐっ……!」


氷結界の番人ブリズド(攻 600)+氷結界の破術師(攻 700)


奈菜香:LP3300→2000


詩織 「どう?背筋も凍るような研ぎ澄まされた攻撃は?」


奈菜香「とりあえず……寒いです」


詩織 「……ですよねー」


詩織 「んで、ターンエンドよ。もっと見せてよ、貴女の強さを」


奈菜香「いいよ、存分に見せてあげる。私のターン、ドロー」


奈菜香「くすくす」


自分が劣勢だというのに、何故か笑う奈菜香。
その理由はもちろん、詩織はおろか八雲たちにもわからなかった。


詩織 「どうしたの?そこまで良いカードを引いたの?」


奈菜香「そうよ。貴女を倒す逆転の一手よ!」



スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cerberus2361.blog65.fc2.com/tb.php/21-320d8ab6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。