第12話「堕天使の世界、失楽園発動!」

第12話「堕天使の世界、失楽園発動!」

ここでは、「第12話「堕天使の世界、失楽園発動!」」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トップスキマ送りにされた遊戯王小説>第12話「堕天使の世界、失楽園発動!」

~注意事項~

1.遊戯王2次創作小説

2.ご都合主義ばっか

3.オリカ出てくるよ

4.素人レベル

5.誤字脱字

以上のことを守れる心の寛大な方だけご覧くだされ。

奈菜香 LP: 500 手札8枚
フィールド:『神の居城―ヴァルハラ』


詩織  LP:4000 手札0枚
フィールド:『氷結界の龍 ブリューナク』攻撃表示
       『氷結界の龍 グングニール』攻撃表示
       『氷結界の居城―アイス・フォート』


 神の居城-ヴァルハラ
永続魔法
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、
手札から天使族モンスター1体を特殊召喚できる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


 氷結界の龍 ブリューナク
シンクロ・効果モンスター
星6/水属性/海竜族/攻2300/守1400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分の手札を任意の枚数墓地に捨てて発動する。
その後、フィールド上に存在するカードを、
墓地に送った枚数分だけ持ち主の手札に戻す。


 氷結界の龍 グングニール
シンクロ・効果モンスター
星7/水属性/ドラゴン族/攻2500/守1700
チューナー+チューナー以外の水属性モンスター1体以上
手札を2枚まで墓地へ捨て、捨てた数だけ相手フィールド上に存在する
カードを選択して発動する。選択したカードを破壊する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。


 氷結界の居城-アイス・フォート
フィールド魔法
フィールド上に存在する「氷結界」と名の付くモンスターの攻守を300ポイントアップさせる。
また、このカードが存在する限り、「氷結界」と名の付くモンスターとの戦闘によって発生する自分へのダメージを0にする。



その笑みを見た詩織は、その不安がすぐに確信へと変わった。


詩織 (不味い、このターンで決められる!?)


奈菜香「いくよ?私は『神の居城-ヴァルハラ』の効果発動! 手札より、『堕天使ルクスリア』を特殊召喚!」


奈菜香「そして、フィールド魔法『失楽園』発動!」

 堕天使ルクスリア
効果モンスター
星8/闇属性/天使族/攻2700/守2000
このカードはデッキからの特殊召喚はできない。
1ターンに1度、墓地に存在する天使族モンスターを1体特殊召喚することができる。
この効果を使用した場合、このターンのバトルフェイズをスキップする。


 失楽園
フィールド魔法
???


その瞬間、デュエル場が漆黒の闇に染まった。
そして、そこに一筋の光が漏れた。楽園へと導く光である。
この漆黒の闇と楽園への道が堕天使の望む未来の世界なのである。


奈菜香「『失楽園』は堕天使たちのフィールド。堕天使たちが戦闘をする際、ダメージステップ終了時までその攻撃力を400ポイントアップさせる」


詩織 「大層な名前にしては、『ダークゾーン』よりも劣る効果だね……。てことは、何かもうひとつ隠された効果があるってことだね?」


奈菜香「流石詩織、当たりよ。このカードがフィールド上に存在する限り、堕天使たちが戦闘でモンスターを破壊したとき、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与えるよ」


詩織 「なっ……!?」


 失楽園
フィールド魔法
「堕天使」と名のつくモンスターの攻撃力をダメージステップ時のみ400ポイントアップさせる。
また、「堕天使」と名のつくモンスターが戦闘でモンスターを破壊したとき、そのモンスターの元々の攻撃力分の数値をダメージとして相手に与える。


 ダークゾーン
フィールド魔法
全ての闇属性モンスターの攻撃力は500ポイントアップし、
守備力は400ポイントダウンする。


奈菜香「そして、装備魔法『魔導師の力』を発動!」


 魔導師の力
装備魔法
装備モンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚につき500ポイントアップする。


奈菜香「『堕天使ルクスリア』に装備! 私のフィールドにある魔法・罠カードは、『失楽園』と『神の居城-ヴァルハラ』とこのカードの3枚、よって攻撃力は4200!」


詩織 「攻撃力……4200ッ!?」


堕天使アリア 攻2700→4200 守2000→3500


奈菜香「これで終わりよ! 『堕天使ルクスリア』で『氷結界の龍 ブリューナク』を攻撃!」


「――エンジェル・ダスト――」


堕天使アリア 攻4200→4600


堕天使アリア 攻4600 VS 氷結界の龍 ブリューナク 攻2300


詩織:LP4000→1700


詩織 「くぅッッッ!!」


奈菜香「『失楽園』の効果で、『堕天使ルクスリア』が戦闘で破壊したモンスターの攻撃力分だけダメージを受けてもらうわ」


「――私は女の胤とお前との間に敵意を置く。お前は女の胤のかかとを砕き、女の胤はお前の頭を砕くだろう――」


詩織 「んぅっ……!」


詩織:LP1700→ 0


審判「勝者、W-00003白河奈菜香!」


その言葉を引き際に、観客席が凄まじい勢いでどよめいた。
まるで、巨大な津波が波立ったかのように。


八雲「さすがだな……奈菜香」


伊織「すげぇな、まさかあの詩織に勝っちまうとはな……お前といい、この学園も捨てたもんじゃねぇな」


八雲「そうだな……、楽しみになってきたぜ! 学園生活がな」


詩織 「すごく強いね、奈菜香」


奈菜香「いや、そんなことないよ。勝てたのは偶然だし……」


詩織 「偶然なんかじゃないよ。貴女のタクティクス、そしてそのカードを引く運、どれをとっても貴女は最高のデュエリストよ」


奈菜香「いやぁーそれほどでも」


詩織 「私もプロになって初めて負けたのが貴女だもの。楽しみになってきたなぁ、この学園生活が」


奈菜香「えっ……?プロ?プロって何の?」

詩織 「……プロデュエリストのプロだけど?」


奈菜香「ええええええぇぇぇっっっ!!?」


この後、奈菜香が混乱して倒れたのは秘密である。



――日本政府公安委員会新宿本部にて


新宿駅のすぐ横にそびえ立つセントラルタワー。
そのビルのある一室にその会議が開かれていた。


「立風八雲、白河奈菜香の所在が判明致しました」


「ご苦労」


そこには二人の黒ずくめのスーツを着た上司らしき人物と、その部下らしき人物がいた。


「それで? どこで発見されたんだ?」


「ええ、それはですね……」





「――デュエルアカデミア本校です」



              To be continued...


~あとがき~


……とりあえずフラグ立ててみた。


多分気付いていない人も多いかと思うけど、実は第1話で主人公の過去フラグがあったんだよね。


主人公の過去については当分後に書く予定



今日のオリカのコーナー


 失楽園
フィールド魔法
「堕天使」と名のつくモンスターの攻撃力をダメージステップ時のみ400ポイントアップさせる。
また、「堕天使」と名のつくモンスターが戦闘でモンスターを破壊したとき、そのモンスターの元々の攻撃力分の数値をダメージとして相手に与える。


堕天使専用のフィールド魔法

強すぎたかなって少し思った。でも後悔はしていない。


漫画で同じ名前のカードがあるけど、違うカードだと思ってほしい。

何故かって?そりゃ、このカード考えた後で、調べてたら見つけちまったからさ!


スポンサーサイト
この記事へのコメント
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://cerberus2361.blog65.fc2.com/tb.php/24-ef38090d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。